知識ひけらかす「マンスプレイニング」はこうして嫌われる

公開日:

 男女平等は今や常識だが、東京医大の入試では女性差別が問題になっている。男女平等は、必ずしも徹底されているわけではない。ネット上では先月、男性と女性の社会活動家がドンパチ。女性の発言に、男性が「知らないの?」と上から目線で疑問を投げかけたことでちょっとした騒ぎになったことがある。そのドンパチで、女性が指摘したのが、「マンスプレイニング」だ。

 この言葉は、「man(男)」と「explain(説明する)」をかけ合わせた造語。男性が女性を見下すような態度で何かを解説することを指す。この点を指摘された男性は逆ギレしたが、最終的に自らのサイトに謝罪文を掲載した。

 マンスプレイニングの問題点は、その言動の根底に女性を見下す意識が見えることだという。作家の大泉りか氏が言う。

「私の周りには、さまざまなジャンルの男性専門家が多くいますが、彼らはひとつの特化した事柄に詳しいだけ。ところが、なぜかすべてのことに関して、自分たちの方が女性や子供よりも知識があって当然という潜在的な意識が垣間見えます。それで『教えてあげる』という態度で物事を伝えてくることがよくある。そんなとき、女性は『そこで張り合わなくてもいいのに……』『バカにしてる?』と感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る