カメルーン人タレント星野ルネが感じた日本人へのギモンと異変

公開日:  更新日:

 夏休みとあって、街中には外国人観光客が目立つ。学校やオフィスも、外国人が珍しくなくなっている。昨年末の在留外国人は前年比7・5%増の約256万人で、訪日外国人に至っては約2870万人で2割近く増えている。ともに過去最高だ。北海道から沖縄の離島まで外国人を見かけるのも当然か。

 では、日本人は外国人からどう見られているのか。タレントの星野ルネさん(33=写真)はカメルーン生まれで、4歳からは兵庫県姫路で育った。ルネさんが言う。

「日本人って、『日本は海外と比べて』とか『外国ではこうだから』とよく言いますけど、その対象となっている外国は、20カ国くらいの先進国しか入っていませんよね。世界には、約200カ国もあるのに。僕が生まれたカメルーン、絶対入っていませんよね(笑い)」

 漠然と「海外」「世界」という言葉を口にするが、具体的にどこと比較しているのかがわからないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る