どちらもサケ属 ヤマメの卵は黄色なのにイクラのは赤い謎

公開日: 更新日:

 記者は先日、静岡の安倍川沿いの食堂でヤマメ料理を食べた。ヤマメの卵の醤油漬けが出てきたら、なんとまっ黄色だった。味はイクラの醤油漬けとほぼ同じだ。ヤマメとサケは同じサケ属なのに、なぜサケの卵=イクラは赤いのか。イクラの産地・北海道にある「水産研究・教育機構 北海道区水産研究所」業務推進課の佐藤恵久雄さんに聞いた。

「本来は、イクラも同じく黄色いはずなんです。“はず”というのは、誰も見たことがないから。卵になった時には、すでに赤いのです」

「卵になった時にはすでに赤い」とは、禅問答のようだが、イクラの色にはサケの生態が深く関係しているという。

「イクラの赤色のもとになるのは、エサとなる甲殻類に含まれるアスタキサンチンというカロチノイド系の色素です。サケは海を回遊しながらアスタキサンチンを多く含む甲殻類のプランクトンをエサとして食べるので、身も卵も赤くなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る