どちらもサケ属 ヤマメの卵は黄色なのにイクラのは赤い謎

公開日:

 記者は先日、静岡の安倍川沿いの食堂でヤマメ料理を食べた。ヤマメの卵の醤油漬けが出てきたら、なんとまっ黄色だった。味はイクラの醤油漬けとほぼ同じだ。ヤマメとサケは同じサケ属なのに、なぜサケの卵=イクラは赤いのか。イクラの産地・北海道にある「水産研究・教育機構 北海道区水産研究所」業務推進課の佐藤恵久雄さんに聞いた。

「本来は、イクラも同じく黄色いはずなんです。“はず”というのは、誰も見たことがないから。卵になった時には、すでに赤いのです」

「卵になった時にはすでに赤い」とは、禅問答のようだが、イクラの色にはサケの生態が深く関係しているという。

「イクラの赤色のもとになるのは、エサとなる甲殻類に含まれるアスタキサンチンというカロチノイド系の色素です。サケは海を回遊しながらアスタキサンチンを多く含む甲殻類のプランクトンをエサとして食べるので、身も卵も赤くなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る