どちらもサケ属 ヤマメの卵は黄色なのにイクラのは赤い謎

公開日: 更新日:

 記者は先日、静岡の安倍川沿いの食堂でヤマメ料理を食べた。ヤマメの卵の醤油漬けが出てきたら、なんとまっ黄色だった。味はイクラの醤油漬けとほぼ同じだ。ヤマメとサケは同じサケ属なのに、なぜサケの卵=イクラは赤いのか。イクラの産地・北海道にある「水産研究・教育機構 北海道区水産研究所」業務推進課の佐藤恵久雄さんに聞いた。

「本来は、イクラも同じく黄色いはずなんです。“はず”というのは、誰も見たことがないから。卵になった時には、すでに赤いのです」

「卵になった時にはすでに赤い」とは、禅問答のようだが、イクラの色にはサケの生態が深く関係しているという。

「イクラの赤色のもとになるのは、エサとなる甲殻類に含まれるアスタキサンチンというカロチノイド系の色素です。サケは海を回遊しながらアスタキサンチンを多く含む甲殻類のプランクトンをエサとして食べるので、身も卵も赤くなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る