• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボランティア尾畠さんに学ぶ 65歳からの達成感ある生き方

 2歳児を発見した尾畠春夫さん(78)がいまだに注目を集めている。尾畠さんが住む大分県は功労者表彰を、同県別府市は感謝状を贈呈すると発表。尾畠さんが住む日出町も功労者表彰を贈る方針だ。こうしたブームを尻目に、ご本人はボランティア活動に専念している。

 尾畠さんが65歳で魚屋をたたみ、「社会に恩返ししたい」と東奔西走を始めたことはご存じのとおり。われわれサラリーマンも老後の生き方として参考にしたいものだ。

 人事コンサルタントの菅野宏三氏によると、定年延長で65歳まで会社勤めを続けたあと、「第二の人生」を本格化する人が増えているという。人気は技能や経験を生かすボランティア活動。尾畠さんのように見返りを求めない仕事だからこそ達成感があり、心身ともに若さを維持できるメリットがある。

 菅野氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る