ボランティア尾畠さんに学ぶ 65歳からの達成感ある生き方

公開日: 更新日:

 2歳児を発見した尾畠春夫さん(78)がいまだに注目を集めている。尾畠さんが住む大分県は功労者表彰を、同県別府市は感謝状を贈呈すると発表。尾畠さんが住む日出町も功労者表彰を贈る方針だ。こうしたブームを尻目に、ご本人はボランティア活動に専念している。

 尾畠さんが65歳で魚屋をたたみ、「社会に恩返ししたい」と東奔西走を始めたことはご存じのとおり。われわれサラリーマンも老後の生き方として参考にしたいものだ。

 人事コンサルタントの菅野宏三氏によると、定年延長で65歳まで会社勤めを続けたあと、「第二の人生」を本格化する人が増えているという。人気は技能や経験を生かすボランティア活動。尾畠さんのように見返りを求めない仕事だからこそ達成感があり、心身ともに若さを維持できるメリットがある。

 菅野氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  6. 6

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  7. 7

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  8. 8

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  9. 9

    抜き差しならない安倍・菅対立 最後は内ゲバで自壊の予兆

  10. 10

    警備都合で草木ゼロ「おもてなし」には程遠い選手村の実態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る