使用料は5万円前後から 自治体の合葬墓は墓じまいの選択肢

公開日: 更新日:

 この墓、これからどうすればいいんだ……。

 お盆に墓参りをしながら、そう思った人は少なくないだろう。先月発表された2017年版「国民生活基礎調査の概況」によると、夫婦のみの家庭は1210万世帯。5組に2組だ。

 子供がいない夫婦にとって、墓じまいは切実な問題だが、神戸市は、市立墓園では初めての合葬式墓地「鵯越合葬墓」の申し込み受け付けが3169体と、560体の予定数の5倍を超えたと発表。そのうち6割は、生前申し込みだったという。想定以上のニーズがあったことから、市は、抽選せず、全員に使用許可を出す画期的な判断を下している。

 個別に墓を建てると首都圏だと300万円はかかるが、合葬墓は格安だ。鵯越合葬墓には、合葬施設と、骨つぼのまま10年保管してから合葬する個別安置施設があり、1体当たり、合葬施設は5万円、個別安置施設は10万円で済む。自治体の墓園だけに、人気になるのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る