カネ・技術・農地確保 公的支援制度を利用すべし

公開日:

 5万5670人――。農林水産省の「平成29年度新規就農者調査」によると、昨年度に新たに就農した人は5万人を超えた。

 これには、高校、大学を卒業して実家の農業に従事する人、定年して実家の農業を継いだ人、脱サラして農業法人に就職した人、ズブの素人からの転職組などが含まれる。数の上では、前年度より約7%減。だが、食料自給率の低下がささやかれる中、「49歳以下」の就農者が過去最多の2万760人という朗報もある。

 ただ、現実問題として新たに農業を始める場合、資金や技術、農地の取得などさまざまな問題が立ちはだかる。実家が農家なら土地の心配だけはないが……。

 実は、新規就農者へのサポートはすでに多くの自治体で実施している。中でも有名なのは、国が実施する「農業次世代人材投資事業」だ。字ヅラは難しそうだが、要は新たに農業を始める人に一定期間、所得確保の意味合いで“資金援助”をしましょうというもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る