カネ・技術・農地確保 公的支援制度を利用すべし

公開日: 更新日:

 5万5670人――。農林水産省の「平成29年度新規就農者調査」によると、昨年度に新たに就農した人は5万人を超えた。

 これには、高校、大学を卒業して実家の農業に従事する人、定年して実家の農業を継いだ人、脱サラして農業法人に就職した人、ズブの素人からの転職組などが含まれる。数の上では、前年度より約7%減。だが、食料自給率の低下がささやかれる中、「49歳以下」の就農者が過去最多の2万760人という朗報もある。

 ただ、現実問題として新たに農業を始める場合、資金や技術、農地の取得などさまざまな問題が立ちはだかる。実家が農家なら土地の心配だけはないが……。

 実は、新規就農者へのサポートはすでに多くの自治体で実施している。中でも有名なのは、国が実施する「農業次世代人材投資事業」だ。字ヅラは難しそうだが、要は新たに農業を始める人に一定期間、所得確保の意味合いで“資金援助”をしましょうというもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  3. 3

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  6. 6

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る