農業人口が激減…米どころ秋田は「ヘルシー米」を売る

公開日:

 甲子園に沸いた米どころ秋田も、農業就業人口はどんどん減っている。

 1955年に県内の農業人口は35万1816人(就業人口の57%)。これが平成になって10万人を割り込み、2015年はピーク時の8分の1以下となる4万3328人(同9%)にまで減った。しかも半数以上は65歳以上のお年寄りだ。

 金足農業高も1984年にPL学園と死闘を演じた前年に「農業科」が3クラスから2クラスに減らされ、現在は農業科そのものがない。秋田の子は全国トップレベルの学力があり、子を持つ親としてもクーラーの効いたオフィスで働かせたい。新たな農家のなり手は減少するばかりだ。

 そんな秋田の農産物といえば、特A米として知られる「あきたこまち」が代表格。だが、北海道の「ゆめぴりか」、青森の「青天の霹靂」といった新顔も含め、43種類もある特A米との競争にさらされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る