農業人口が激減…米どころ秋田は「ヘルシー米」を売る

公開日:

 甲子園に沸いた米どころ秋田も、農業就業人口はどんどん減っている。

 1955年に県内の農業人口は35万1816人(就業人口の57%)。これが平成になって10万人を割り込み、2015年はピーク時の8分の1以下となる4万3328人(同9%)にまで減った。しかも半数以上は65歳以上のお年寄りだ。

 金足農業高も1984年にPL学園と死闘を演じた前年に「農業科」が3クラスから2クラスに減らされ、現在は農業科そのものがない。秋田の子は全国トップレベルの学力があり、子を持つ親としてもクーラーの効いたオフィスで働かせたい。新たな農家のなり手は減少するばかりだ。

 そんな秋田の農産物といえば、特A米として知られる「あきたこまち」が代表格。だが、北海道の「ゆめぴりか」、青森の「青天の霹靂」といった新顔も含め、43種類もある特A米との競争にさらされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る