農業人口が激減…米どころ秋田は「ヘルシー米」を売る

公開日: 更新日:

 甲子園に沸いた米どころ秋田も、農業就業人口はどんどん減っている。

 1955年に県内の農業人口は35万1816人(就業人口の57%)。これが平成になって10万人を割り込み、2015年はピーク時の8分の1以下となる4万3328人(同9%)にまで減った。しかも半数以上は65歳以上のお年寄りだ。

 金足農業高も1984年にPL学園と死闘を演じた前年に「農業科」が3クラスから2クラスに減らされ、現在は農業科そのものがない。秋田の子は全国トップレベルの学力があり、子を持つ親としてもクーラーの効いたオフィスで働かせたい。新たな農家のなり手は減少するばかりだ。

 そんな秋田の農産物といえば、特A米として知られる「あきたこまち」が代表格。だが、北海道の「ゆめぴりか」、青森の「青天の霹靂」といった新顔も含め、43種類もある特A米との競争にさらされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る