ロームのイチゴは収量10倍 アグリビジネスで成功する企業

公開日: 更新日:

 ひょっとすると、“希望の星”なのかもしれない。農業人口は右肩下がりで、今年の推計値では前年比4%減の約175万人。そのうち7割は65歳以上の高齢者だ。この現状を見ると、農業の行く末は先細りに感じるだろうが、参入企業は増えている。2009年の農地法改正で、企業の参入が自由化されてから、一本調子で増え、改正前と比べると、昨年末は約7倍増なのだ。

 法改正を受けて、イトーヨーカドーやイオン、ローソンなど大手小売りチェーンは全国規模で農場を展開。流通ルートに合わせて自社農場を配置し、主にPB野菜を調達している。この夏、猛暑や豪雨で野菜が高騰しても、スーパーやコンビニで1袋100円ほどのカット野菜が安定供給されたのは、これら農業参入のおかげだ。

 小売りや食品がアグリビジネスに参入するのはある意味、当然だが、その業種は幅広い。富士通は13年7月、福島・会津若松の半導体工場を植物工場に転換。低カリウムのレタスとホウレンソウを栽培。三井不動産は14年6月、千葉大発の農業ベンチャーと組んで国内最大級の植物工場を本格稼働。フル生産では、レタスやグリーンリーフなど10種類の葉物野菜を毎日1万株生産し、売上高は年3億円に上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る