“金農旋風”で脚光も…農業高校の生徒は10年前から1万人減

公開日: 更新日:

 甲子園で旋風を巻き起こした金足農業高校に、ほかの農業高校の生徒や教職員、OBまでもが喝采を送った。実りの秋を前に、全国の農業従事者も元気づけられている。もっとも、TPPに代表される貿易自由化の流れもあり、ニッポンの農業は危機的状況だ。最前線の動きを追った。

 金足農の活躍は、農業高校の存在にもスポットを当てた。その昔、地方の農業高校は強固なネットワークを誇ったものだ。家業を継ぐために学力と関係なく入学する生徒も多かったし、地方政界の中枢を農業高校OBが占めるという光景も珍しくなかった。

 ところが今は、どの高校も入試の倍率は1倍程度。生徒数は右肩下がりで減り続けている。

 文科省の学校基本調査によると、農業高校は全国に292校あり、生徒数(全日制)は7万8281人(5月1日現在)。そのうちの9人がフル稼働で準優勝を果たしたことになるが、生徒数は10年前(8万8357人)に比べると1万人近くも減っている。神奈川県立吉田島農林高校が吉田島総合高校に名称を変更したように、校名から「農業」「農林」の文字を外すところも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る