“金農旋風”で脚光も…農業高校の生徒は10年前から1万人減

公開日:

 甲子園で旋風を巻き起こした金足農業高校に、ほかの農業高校の生徒や教職員、OBまでもが喝采を送った。実りの秋を前に、全国の農業従事者も元気づけられている。もっとも、TPPに代表される貿易自由化の流れもあり、ニッポンの農業は危機的状況だ。最前線の動きを追った。

 金足農の活躍は、農業高校の存在にもスポットを当てた。その昔、地方の農業高校は強固なネットワークを誇ったものだ。家業を継ぐために学力と関係なく入学する生徒も多かったし、地方政界の中枢を農業高校OBが占めるという光景も珍しくなかった。

 ところが今は、どの高校も入試の倍率は1倍程度。生徒数は右肩下がりで減り続けている。

 文科省の学校基本調査によると、農業高校は全国に292校あり、生徒数(全日制)は7万8281人(5月1日現在)。そのうちの9人がフル稼働で準優勝を果たしたことになるが、生徒数は10年前(8万8357人)に比べると1万人近くも減っている。神奈川県立吉田島農林高校が吉田島総合高校に名称を変更したように、校名から「農業」「農林」の文字を外すところも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る