1台平均7.8万円 猛暑でエアコン“爆売れ”の反動不況到来か

公開日:

 今夏は猛暑でエアコンが飛ぶように売れた。日本電機工業会(JEMA)によると、7月のルームエアコンの国内出荷台数は176万3000台(前年同月比10.9%増)となり、単月で過去最高を記録した。出荷額は1380億円(同12.2%増)だった。

「この数字は、家庭用のエアコンです。学校に設置されるような業務用は含まれていません」(JEMA担当者)

 現在、猛暑対策に腰を上げた自治体が補正予算を組み、学校などへのエアコンの設置が進められている。また、5人が死亡した岐阜の病院のエアコン故障を見れば、全国の病院も買い替えに動くだろう。エアコン自体は業務用を中心に好調が続くと思われる。心配なのは家計である。

 7月の176万台はあくまで家庭用。つまり、家計からの出費である。7月の出荷額を台数で割った7.8万円がエアコンの平均購入価格ということになる。賃金が上がらない中、あまりの猛暑に、苦しい家計から、8万円近くの“大きな出費”を余儀なくされたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る