キャベツは昨年の約3倍に 異常気象の野菜爆騰が家計を直撃

公開日:

 猛暑、台風、豪雨……。日本列島は例年にない異常気象に襲われている。

「記録的な猛暑で、キャベツやレタスの生育が悪く、店頭価格が上昇しています。そこに台風被害が重なった。この先、野菜はどこまで値上がりするか分からない状況です」(大手スーパー関係者)

 農林水産省(統計部)が公表している青果物卸売市場調査(日別調査、東京都)には、40種類以上の野菜の価格(1キロ当たり)が出ている。前日に比べ、値段がどう変わったかが一目瞭然で、30日時点の直近統計である7月28日分は、だいこんが154円で前日比101.3%、かぶが150円で102.7%といった具合だ。

■だいこんやレタスも昨年の2倍に

「ただ、この調査だと前年に比べ、価格がどう変化したかが分からないので、野菜急騰の実感は湧きにくいかもしれません」(前出のスーパー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る