キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

ミネラル豊富な北海道「みついし牛」は浦河町での一貫生産

公開日: 更新日:

 北海道は、ジンギスカンや豚丼など、牛肉以外の肉が充実しています。そのためか、牛肉の生産についてはあまり聞かないといわれます……。いえいえ、そんなことはありません。北海道にもあまたの牛肉ブランドは存在するのです。私は毎年、初夏の頃、北海道の静内周辺を訪問し、3つの楽しみを満喫しております。1つ目は、日高昆布を豊富に食べている日高の春ウニ(エゾバフンウニ)、2つ目がサラブレッド見学、3つ目がみついし牛を食することなのです。

 みついし牛の産地は北海道の海沿いの町で、日刊ゲンダイ読者にもおなじみ、競馬のサラブレッドの生産地でも有名な浦河町、えりも町、新冠町です。みついし農業協同組合のホームページによれば、本格的に肉牛生産に取り組み始めたのは1988(昭和63)年のことで、比較的新しい牛肉生産地になります。優秀な繁殖雌牛をそろえるため、町営の和牛センターが受け入れ施設となって島根県経済連より毎年50頭ずつを導入し、各農家に供給しました。現在の総頭数は1340頭あまりだそうです。東京食肉市場へ出荷されるまで、浦河で生まれ育てられます。立場は違いますが、競走馬と同じですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る