キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

ミネラル豊富な北海道「みついし牛」は浦河町での一貫生産

公開日:

 北海道は、ジンギスカンや豚丼など、牛肉以外の肉が充実しています。そのためか、牛肉の生産についてはあまり聞かないといわれます……。いえいえ、そんなことはありません。北海道にもあまたの牛肉ブランドは存在するのです。私は毎年、初夏の頃、北海道の静内周辺を訪問し、3つの楽しみを満喫しております。1つ目は、日高昆布を豊富に食べている日高の春ウニ(エゾバフンウニ)、2つ目がサラブレッド見学、3つ目がみついし牛を食することなのです。

 みついし牛の産地は北海道の海沿いの町で、日刊ゲンダイ読者にもおなじみ、競馬のサラブレッドの生産地でも有名な浦河町、えりも町、新冠町です。みついし農業協同組合のホームページによれば、本格的に肉牛生産に取り組み始めたのは1988(昭和63)年のことで、比較的新しい牛肉生産地になります。優秀な繁殖雌牛をそろえるため、町営の和牛センターが受け入れ施設となって島根県経済連より毎年50頭ずつを導入し、各農家に供給しました。現在の総頭数は1340頭あまりだそうです。東京食肉市場へ出荷されるまで、浦河で生まれ育てられます。立場は違いますが、競走馬と同じですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る