キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

ブレーク必至 「霜降り和牛・尾花沢」のまろやかな口どけ

公開日: 更新日:

 フルーツ王国・山形の尾花沢市といえば、尾花沢スイカです。真っ赤な果肉の甘さとシャリシャリとした歯応えで人気ですよね。

 尾花沢市は、夏になると気温が40度に迫る日もあって、とても暑い。一方で冬は、日本三雪に数えられる豪雪地帯で、寒く厳しい土地柄です。一日の寒暖差も大きい。そんな環境がスイカの糖度を上げ、甘さが際立つようになるのだとか。

 この地で誕生したのが「次世代ブランド牛」といわれる「雪降り和牛・尾花沢」です。尾花沢産牛振興協議会が認定した尾花沢市居住の飼養者のもと、登録された牛舎で最も長く飼育されている尾花沢牛のことで、肉牛の種類は黒毛和種の未経産雌牛または去勢牛としています。さらに、日本食肉格付協会が定める3等級以上の外観を備え、肉質と脂質が優れた枝肉でなければなりません。さらに、山形県と各行政機関で実施する放射性物質検査で、放射性物質が不検出であることも必要。この条件を満たした上で、月齢32カ月(日齢970日)以上のものだけに「雪降り和牛・尾花沢」の資格が与えられます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る