キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

ブレーク必至 「霜降り和牛・尾花沢」のまろやかな口どけ

公開日:

 フルーツ王国・山形の尾花沢市といえば、尾花沢スイカです。真っ赤な果肉の甘さとシャリシャリとした歯応えで人気ですよね。

 尾花沢市は、夏になると気温が40度に迫る日もあって、とても暑い。一方で冬は、日本三雪に数えられる豪雪地帯で、寒く厳しい土地柄です。一日の寒暖差も大きい。そんな環境がスイカの糖度を上げ、甘さが際立つようになるのだとか。

 この地で誕生したのが「次世代ブランド牛」といわれる「雪降り和牛・尾花沢」です。尾花沢産牛振興協議会が認定した尾花沢市居住の飼養者のもと、登録された牛舎で最も長く飼育されている尾花沢牛のことで、肉牛の種類は黒毛和種の未経産雌牛または去勢牛としています。さらに、日本食肉格付協会が定める3等級以上の外観を備え、肉質と脂質が優れた枝肉でなければなりません。さらに、山形県と各行政機関で実施する放射性物質検査で、放射性物質が不検出であることも必要。この条件を満たした上で、月齢32カ月(日齢970日)以上のものだけに「雪降り和牛・尾花沢」の資格が与えられます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る