• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

圧倒的な品質を引き継ぐ奇跡の「鳥取和牛オレイン55」

投稿日:

 鳥取県のウェブサイト「食のみやこ鳥取県」によると、鳥取和牛の出荷頭数は年間約2100頭で、全国シェアはわずか0.7%だそうです。その中でも脂肪の質にこだわった「鳥取和牛オレイン55」は20%ほど、年間400頭ぐらいが販売されているといいます。つまり、巡り合うのが奇跡的な希少和牛というわけです。そんな貴重なブランド牛ですが、読者のみなさんからすれば、「なぜ鳥取?」「オレイン55って?」という感じになると思います。

 実は鳥取は江戸時代からの歴史がある、隠れた牛の生産地なのです。第1回全国和牛能力共進会の肉牛の部(発育能力の高い牛)で「気高」号という鳥取の種雄牛が圧倒的な品質で1等賞を取りました。これがルーツとなった由緒あるおいしい和牛が鳥取和牛なのです。気高号の血統は、オレイン酸(不飽和脂肪酸)の含有値が高くなる特徴があります。「鳥取和牛オレイン55」は、その血統を継承しております。オレイン酸は、健康オイルの代名詞オリーブオイルの主成分であり、鳥取和牛オレイン55は、その名の通り55%以上含有しています。そのため、脂肪の質がまろやかな和牛になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る