西日本豪雨だけで792億円 農業被害甚大が“毎年起こる”衝撃

公開日:

 集中豪雨や台風が農業に及ぼす被害も忘れてはならない。たとえば、7月の西日本豪雨では、農作物や農業用ハウスの損壊など、農業だけで被害額は792億4000万円、農林水産業全体では1466億円に上った。

 先日上陸した台風21号も容赦なかった。間もなく収穫期を迎えるはずだった長野県のリンゴ畑やナシ畑を襲い、7億3200万円もの損害を与えたという。1年の収入の大半を一瞬で奪い取られた生産農家は、呆然自失だったに違いない。

 この先、台風21号の被害が明らかになれば、四国や関西圏での被害が一気に広がる。北海道の地震まで含めると、目を覆いたくなるような最悪の数字になる可能性もあるのだ。

 都心の消費者だって他人事ではない。先月以降の野菜価格がハネ上がり「トマトもキュウリも高くて買えない」と、タメ息をつく主婦たちは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る