西日本豪雨だけで792億円 農業被害甚大が“毎年起こる”衝撃

公開日:

 集中豪雨や台風が農業に及ぼす被害も忘れてはならない。たとえば、7月の西日本豪雨では、農作物や農業用ハウスの損壊など、農業だけで被害額は792億4000万円、農林水産業全体では1466億円に上った。

 先日上陸した台風21号も容赦なかった。間もなく収穫期を迎えるはずだった長野県のリンゴ畑やナシ畑を襲い、7億3200万円もの損害を与えたという。1年の収入の大半を一瞬で奪い取られた生産農家は、呆然自失だったに違いない。

 この先、台風21号の被害が明らかになれば、四国や関西圏での被害が一気に広がる。北海道の地震まで含めると、目を覆いたくなるような最悪の数字になる可能性もあるのだ。

 都心の消費者だって他人事ではない。先月以降の野菜価格がハネ上がり「トマトもキュウリも高くて買えない」と、タメ息をつく主婦たちは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る