サケの産出額は10年で170億円ダウン 大衆魚の高級化が進む

公開日: 更新日:

 先週末の9日、恒例の「さんま祭り」が開かれた東京・目黒では、朝早くから無料で振る舞われる旬の味覚を求めてたくさんの人が列をなした。

 サンマは岩手県宮古産。昨年は不漁で、宮古市が北海道産を仕入れて届けたが、今年は水揚げが回復して宮古産。祭りを主催する目黒駅前商店街振興組合もほっと一息だろう。

 一方、「駿河湾の宝石」とよばれるサクラエビは、今春が歴史的な不漁。この10年間は600~900トンの水揚げだったが、今春はわずか312トン。サクラエビ漁師の収入は例年の3割ほどに激減したため、静岡県信用漁業協同組合連合会は300万円を限度に緊急の低利融資を打ち出す事態だ。

 深刻さを増す温暖化は、漁師の生活を脅かし、庶民の味を奪っている。秋の味覚の代表サンマでいえば、都内スーパーの店頭価格は1匹150円前後。「去年ほどではないが、1匹100円以下の時代を考えると、サンマは“高級魚”」(消費者問題研究所代表の垣田達哉氏)で、手に取るのをためらう人もいるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る