海水浴やスキーは絶滅? 仮想現実レジャーが23兆円規模に

公開日: 更新日:

 今年の夏は埼玉県熊谷市で国内の歴代最高気温を更新するなど、猛烈な暑さに見舞われた。それでも海水浴は人気薄だ。関西を代表する人気ビーチの須磨海水浴場(神戸市)の利用客は、前年の73万人を大きく下回る45万人だった。前年の4割減で過去10年で最少だったという。

 西日本は暑さの一方で豪雨、台風による被害も甚大だった。その影響も、もちろん大きいだろう。ただし、海水浴に最も適している気温は28度前後といわれている。水温も、屋内の競技用プールは27~28度の設定だ。それ以上になると、のぼせてしまう恐れがある。

 環境省が作成した「2100年 未来の天気予報」によると、東京は年間の4分の1以上が30度以上の真夏日になるという。最高気温は43.6度。気温がこれでは、海なんて広大な露天風呂と同じ。泳ぐどころではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る