海水浴やスキーは絶滅? 仮想現実レジャーが23兆円規模に

公開日:

 今年の夏は埼玉県熊谷市で国内の歴代最高気温を更新するなど、猛烈な暑さに見舞われた。それでも海水浴は人気薄だ。関西を代表する人気ビーチの須磨海水浴場(神戸市)の利用客は、前年の73万人を大きく下回る45万人だった。前年の4割減で過去10年で最少だったという。

 西日本は暑さの一方で豪雨、台風による被害も甚大だった。その影響も、もちろん大きいだろう。ただし、海水浴に最も適している気温は28度前後といわれている。水温も、屋内の競技用プールは27~28度の設定だ。それ以上になると、のぼせてしまう恐れがある。

 環境省が作成した「2100年 未来の天気予報」によると、東京は年間の4分の1以上が30度以上の真夏日になるという。最高気温は43.6度。気温がこれでは、海なんて広大な露天風呂と同じ。泳ぐどころではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る