福岡市でも…中止相次ぐ「花火大会」今年だけで50件以上

公開日: 更新日:

 4億円の赤字を抱えて、あわや中止も危惧された徳島県の「阿波おどり」だが、危機に瀕している夏の風物詩はそれだけではないようだ。

 福岡市の大濠公園で毎年夏に開催され、40万人以上の観客が約6000発もの花火の見物に訪れる「西日本大濠花火大会」。大会を主催する西日本新聞社は14日、来年以降の大会を実施せずに終了することを発表した。1949年から開催され、今年の8月1日で56回目となった歴史ある花火大会に幕が下ろされた。

 実は今年、日本全国で花火大会の中止が相次いだ。確認できただけでも、50件以上の花火大会が中止となっている。中止の理由は西日本豪雨や台風など、自然災害によるものが大半だ。

 しかし、自然災害とは関係なく、開催資金が調達できないなどの理由で、泣く泣く中止を決定した花火大会が14件もあるのだ。この14件は来年以降も開かれない可能性が高い。京都の「宇治川花火大会」は2014年に中止となって以降、市長が花火大会の再開を公約に掲げていたにもかかわらず今年も中止となり、来年以降も再開のめどは立っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る