福岡市でも…中止相次ぐ「花火大会」今年だけで50件以上

公開日:

 4億円の赤字を抱えて、あわや中止も危惧された徳島県の「阿波おどり」だが、危機に瀕している夏の風物詩はそれだけではないようだ。

 福岡市の大濠公園で毎年夏に開催され、40万人以上の観客が約6000発もの花火の見物に訪れる「西日本大濠花火大会」。大会を主催する西日本新聞社は14日、来年以降の大会を実施せずに終了することを発表した。1949年から開催され、今年の8月1日で56回目となった歴史ある花火大会に幕が下ろされた。

 実は今年、日本全国で花火大会の中止が相次いだ。確認できただけでも、50件以上の花火大会が中止となっている。中止の理由は西日本豪雨や台風など、自然災害によるものが大半だ。

 しかし、自然災害とは関係なく、開催資金が調達できないなどの理由で、泣く泣く中止を決定した花火大会が14件もあるのだ。この14件は来年以降も開かれない可能性が高い。京都の「宇治川花火大会」は2014年に中止となって以降、市長が花火大会の再開を公約に掲げていたにもかかわらず今年も中止となり、来年以降も再開のめどは立っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る