師岡正雄さん<2>友だちゼロの福岡でアナウンサー修業を

公開日: 更新日:

 就職採用試験の解禁日は、受けに行くところがなかった。キー局は、その前にどんどん決まっていた。声質の良さに気づかせてくれたバイト先の文化放送は、その年、アナウンサーの採用がなかった。残された手段は、手当たり次第にチャレンジすること。新卒に門戸を開いている放送局を探し、次から次へと受けていった。

「アナウンス学校の講師をされていた大ベテランの先生は、『アナウンサーの採用試験に受かるなんて宝くじに当たるようなものだ』とおっしゃっていましたね。それぐらい難しいのだから、もしも受かったらそこに決めなさいと。僕の場合、それが九州朝日放送(KBC)でした。2次試験ぐらいまでは東京支社で受けて、何人かに絞られたあとで本社に行き、そこから音声テストも受けて、最後は社長面接で合格となりました」

 生まれも育ちも東京で、京都より西には行ったことがなかった。もちろん福岡は、縁もゆかりもない土地。友だちも一人もいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る