「イラン原油」輸入停止は侮れず…値上げの“大寒波”襲来か

公開日: 更新日:

 総務省が21日発表した8月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0.9%上昇した。プラスは20カ月連続。主な要因は原油高である。ガソリン16.2%、灯油22.3%、電気3.1%と上昇。資源エネルギー庁発表のレギュラーガソリンの店頭価格(18日時点)も1リットル153.70円と3年9カ月ぶりの高値水準で、150円超えは17週連続だ。

 だが、これは序の口。今後、さらなる原油高が予想され、値上げラッシュが襲ってきそうなのだ。口火は10月からのイラン産原油の輸入停止である。

 米国のイラン制裁を受けて、日本の元売り各社は10月からイラン産原油の輸入を停止する見通しだ。日本の輸入原油のうちイラン産は5%だが、実はとても人気があるのだ。「石油情報センター」の担当者が言う。

「イラン産原油は硫黄分が多く、かつ重質で、決していい品質とは言えません。松竹梅でいえば、梅ですね。ただ、日本には、悪いなりのイラン産原油に適した装置も多い。つまり、使い勝手がいいのです。また、数年前からイランは、安い価格で輸出するようになっています。制裁の動きを受けて、直近は特に安値攻勢をかけています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  2. 2

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    木下優樹菜 急転直下“引退宣言”で嘘も噂も一度リセット?

もっと見る