採用激減で学生ソッポ メガバンクはもう花形ではないのか

公開日: 更新日:

 昨年、人員削減を中心にした大規模なリストラ策を発表したメガバンクが、来春の新卒採用でも大幅な採用人員の削減を発表している。みずほフィナンシャルグループ(FG)は、今春の1365人から700人程度まで半減。三井住友銀行は約800人から2割減、三菱UFJ銀行は、約1000人から1割を削減する方針だ。

 一方、採用される学生側もメガバンクに対する意識が大きく変わった。楽天が発表した2019年3月卒業者を対象にした「新卒就職人気企業ランキング」で、三菱UFJ銀行は昨年の9位から47位、三井住友銀行は21位から70位、みずほFGは16位から63位にまで下がっているのだ。

 一昨年までの5年間、メガバンクが就職企業人気の1位を独占してきたことを考えると、学生が銀行業の将来性に、期待を持たなくなってきたことが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る