採用激減で学生ソッポ メガバンクはもう花形ではないのか

公開日:

 昨年、人員削減を中心にした大規模なリストラ策を発表したメガバンクが、来春の新卒採用でも大幅な採用人員の削減を発表している。みずほフィナンシャルグループ(FG)は、今春の1365人から700人程度まで半減。三井住友銀行は約800人から2割減、三菱UFJ銀行は、約1000人から1割を削減する方針だ。

 一方、採用される学生側もメガバンクに対する意識が大きく変わった。楽天が発表した2019年3月卒業者を対象にした「新卒就職人気企業ランキング」で、三菱UFJ銀行は昨年の9位から47位、三井住友銀行は21位から70位、みずほFGは16位から63位にまで下がっているのだ。

 一昨年までの5年間、メガバンクが就職企業人気の1位を独占してきたことを考えると、学生が銀行業の将来性に、期待を持たなくなってきたことが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る