• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

採用激減で学生ソッポ メガバンクはもう花形ではないのか

 昨年、人員削減を中心にした大規模なリストラ策を発表したメガバンクが、来春の新卒採用でも大幅な採用人員の削減を発表している。みずほフィナンシャルグループ(FG)は、今春の1365人から700人程度まで半減。三井住友銀行は約800人から2割減、三菱UFJ銀行は、約1000人から1割を削減する方針だ。

 一方、採用される学生側もメガバンクに対する意識が大きく変わった。楽天が発表した2019年3月卒業者を対象にした「新卒就職人気企業ランキング」で、三菱UFJ銀行は昨年の9位から47位、三井住友銀行は21位から70位、みずほFGは16位から63位にまで下がっているのだ。

 一昨年までの5年間、メガバンクが就職企業人気の1位を独占してきたことを考えると、学生が銀行業の将来性に、期待を持たなくなってきたことが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る