採用激減で学生ソッポ メガバンクはもう花形ではないのか

公開日:

 昨年、人員削減を中心にした大規模なリストラ策を発表したメガバンクが、来春の新卒採用でも大幅な採用人員の削減を発表している。みずほフィナンシャルグループ(FG)は、今春の1365人から700人程度まで半減。三井住友銀行は約800人から2割減、三菱UFJ銀行は、約1000人から1割を削減する方針だ。

 一方、採用される学生側もメガバンクに対する意識が大きく変わった。楽天が発表した2019年3月卒業者を対象にした「新卒就職人気企業ランキング」で、三菱UFJ銀行は昨年の9位から47位、三井住友銀行は21位から70位、みずほFGは16位から63位にまで下がっているのだ。

 一昨年までの5年間、メガバンクが就職企業人気の1位を独占してきたことを考えると、学生が銀行業の将来性に、期待を持たなくなってきたことが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る