寝るだけで社員に年6万円 ベンチャー企業導入の“本気度”

公開日: 更新日:

 神企業だ――。ネット上にはこんな声も。

 オーダーメードのウエディング事業を展開する「CRAZY」が、寝るだけでお金になる「睡眠報酬制度」を導入した。

 エアウィーヴの睡眠計測アプリを使い、1日6時間以上の睡眠を週5回以上取った社員が対象。年間最大で6万5000ポイントになり、1ポイントにつき1円の計算で、社内の食堂やカフェで使用できる。寝るだけなら誰でも簡単にできそうだが、睡眠に対し報酬を払うという制度はユニーク。しかし、本気も本気だ。

「社員が十分な睡眠を取ることで集中力を高め、業務の生産性を上げる狙いがあります。当社は女性社員も多く、労働を管理するのではなく、社員の健康管理をお手伝いする“健康経営”を掲げています」(同社・広報担当者)

 睡眠量を測ることは、社員のメンタル不調を事前に察知できるメリットもありそうだが、このような制度がうれしいのは、会社が社員を大切にしてくれているという“気持ち”の方だろう。ベンチャー企業では、社員の定着率こそ重要だ。同社ではさらに、自然食のランチを振る舞ったり、娯楽性を取り入れて大勢で手巻き寿司を作って食べたりもする。もちろん、働くママも多いことから、子連れ出勤もOK。託児所があり、勤務時間中におむつ替えしてもいい。

 こんな会社ばかりなら家族も円満になるはず。少なくとも、寝ることにかけては天才的な「ドラえもん」ののび太が聞いたら、絶対に就職したいと言い出すに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る