都の基準地価でトップ3独占 「荒川区」の住宅地価上昇の謎

公開日:

 東京都が先月発表した2018年の「基準地価」によると、住宅地部門の上昇率は荒川区がトップ3を独占。特に1位の「西日暮里4―19―9」の上昇率は10%を超えていて、2位「荒川2―21―2」と3位「南千住8―4―7」はそれぞれ9.4%と8.4%。23区の住宅地の平均変動率は4.3%だから驚異的だ。

 基準地価は毎年9月に都道府県ごとに発表されるもので、毎年3月に国が発表する公示地価と同じような不動産指標。2年後の東京五輪を控え、渋谷や新宿などで再開発が進む商業地が好調なのはうなずける。東京でも埼玉寄りの荒川区が急伸しているのはなぜか。

 不動産コンサルティング「さくら事務所」の長嶋修会長が言う。

「2ケタの上昇率は、異例で、これまで北海道のニセコ町などリゾート地であったくらいです。上昇の理由のひとつは、地価上昇のトレンド。都内の地価上昇は港区や品川区など城南から火がつき、渋谷区や杉並区などの城西、豊島区や荒川区などの城北、そして墨田区や江東区などの城東へ移るのがセオリー。渋谷や恵比寿などの土地がもう高くて手が出なくなっているので、次の流れが城北の荒川区に来ているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る