5割超は自宅での最期を希望 介護リフォームの賢い使い方

公開日: 更新日:

 咽頭がんで亡くなった輪島さんは、自宅のソファでテレビを見ながら眠るように息を引き取ったという。自宅での最期を望む人は5割を超えるといわれるが、そのためには介護リフォームが欠かせない。

 体が不自由でも住み慣れた家で安全に暮らせるよう、住宅の一部分を改修工事する「介護リフォーム」。悪質業者も後を絶たないだけに、賢くリフォームするにはどうすればいいか。費用のやりくりも含めて、介護リフォームのプロに聞いた。

「手すりは、寝たきりや不慮の事故を防ぐ“転ばぬ先の杖”です。介護保険を利用すれば、リフォーム費用の補助を受け、割安で取り付けられるのに、制度を知らずに不自由な暮らしを強いられている人が本当に多い。とてももったいない」

 そう嘆くのは、「介護リフォーム本舗」を運営するユニバーサルスペース(本社・横浜市)の横内孝弘さん。介護福祉士の資格を持ち、介護職の経験が豊富で、2級建築士でもある介護リフォームのプロだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  2. 2

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    木下優樹菜 急転直下“引退宣言”で嘘も噂も一度リセット?

もっと見る