樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

公開日: 更新日:

 今月15日に亡くなった女優・樹木希林さんは、全身がんと闘いながら女優魂を貫き通した姿が印象的で、テレビや雑誌で報じられている。それに加えて注目されるのが、夫・内田裕也氏とのこと。43年にも及ぶ「別居婚」生活だ。

 そのスタイルは文字通り“籍を入れ続けながら同居はしない”というものだが、民法第752条は、夫婦に対し「同居、協力及び扶助の義務」を課す。別居婚は、「同居の義務」に違反しないのだろうか。「よつば法律事務所」(大阪市)の大川哲次弁護士が言う。

「民法第752条の趣旨は、結婚した以上、一緒に暮らして、協力し、助け合わなければいけないという当たり前のことを説いていますが、強制力はなく、罰則もありません。また、お互いに同意の上での別居婚なら、なんら問題はありません」

 樹木さんのケースは同意の上だから問題ないが、問題になるケースもある。どちらかが一方的に家を出て、最低限の協力も生活援助も行わない場合だ。出て行かれた方にとっては、正当な離婚理由になるし、家庭裁判所に同居を求める調停や審判を申し立てることもできる。裁判所が同居を命じても、強制力はないが、今度は出て行かれた方が損害賠償を請求する可能性は十分あり得るだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る