【ハム大葉巻き】たった5分で出来上がるスピードつまみ

公開日: 更新日:

「帰宅して5分で完成する酒に合うスピードつまみです。生ハムに大葉を巻いて薬味にミョウガをのせてから、黒コショウをかけます。お好みでオリーブオイルやごま油、持っていらっしゃればトリュフオイルをかけても合いますよ」

 お客さんに「人形町のエグザイル」と呼ばれることもあるという望月さんは、静岡県の割烹で5年間修業をしたのちに、わずか26歳で料理長となった。ここ人形町では新参者だが、「ミシュランガイド」が安くてオススメできる店に与える称号「ビブグルマン」に4年連続で選出されるほどの確かな腕前。

「手間もかからず簡単に作れるので、疲れて帰ってきてもすぐに一杯やれます。酒は冷酒が合いますね。ごま油をかけるなら焼酎で、オリーブオイルならワインです。一品足りない時にもさっと作れます」

 生ハムの赤と大葉の緑という彩りも食欲をそそる。しゃれたオードブルをいただく感覚で楽しむ。生ハムは大葉との相性抜群で、塩気を和らげながら口のなかに清涼感をもたらし、ミョウガはキリッと締まりを出す。クルクルと巻くだけで5分もかからず完成する一品で、まずはビールでグビッと喉を潤すのも合いそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る