松野弘さん<3>異動した国際広告局はヒマな時間がなかった

公開日: 更新日:

 電通入社2年目、松野さんは国際広告局に異動になる。そこは、約200人もの大組織。同社の精鋭たちが集まるセクションで、最初の部署と打って変わって「ヒマな時間がほとんどない」ハードな部門だった。

「ボクは英語とフランス語が出来たので、たった1年でこっちに引っ張られたんです。担当は媒体部で、最初は東南アジアとオセアニアの担当。要するに、日本の企業が外国のメディアに広告を出稿する際のメディアの仲介役です。たとえば、日本の自動車メーカーがニュージーランドの新聞や雑誌などに広告を載せるとき、その英語で作った原稿をチェックする。あるいは、日本の紅白歌合戦を香港のテレビ局に売るときの広東語のキャプション作りもありました。

 外国人メディア部長と打ち合わせしたり、夜、接待する機会はドッと増えて、ヒマな時間などまるでない。“仕事は適当にやり過ごして、お金を貯め、チャンスがあったら大学に戻る”というボクのもくろみはもろくも崩れ去ったというわけ。あの5年くらいは本当によく働いたなぁ。アッハッハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  2. 2

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  3. 3

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  4. 4

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  5. 5

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る