ツナマヨ抜きで話題 ローソン「悪魔のおにぎり」の味は?

公開日: 更新日:

 ローソンが10月16日に発売開始した「悪魔のおにぎり」(税込み110円)が、バカ売れしている。白だしで炊き上げたご飯に「天かす」「青のり」「天つゆ」を混ぜ込んだというシンプルなものだが、これが「うますぎる」と、SNSやメディアで話題沸騰なのだ。一体どんなおにぎりなのか。

 実際にローソンの店舗をのぞいてみると、既に売り切れ。別の店舗では最後の1個という状況だった。店員に売れ行きを聞くと「全国的に人気で供給が追いついていないです。うちの店舗では30個仕入れることができましたが、すぐに売り切れてしまいました。悪魔のおにぎり目当てで来るお客さんも少なくないですね」という。

 数店舗を回ってなんとか入手したこの「悪魔のおにぎり」。早速食べてみると、天つゆの甘味がほんのりと口の中に広がり、そこに天かすの油のうま味がだんだんと染みていく。青のりのアクセントも効いていて、確かにやみつきになる味なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

もっと見る