納豆は“菌”で選ぶ「S-903」 受験生のインフル対策の味方に

公開日: 更新日:

「♪わ~ら~にぃ まみれてヨ~」のワラ1本には約1000万個もの納豆菌が芽胞の状態で付着している。納豆菌は生物最強ともいわれ、栄養なしに100万年以上生き、100度でも死なない。ウイルスだって怖くて近づかないらしく、納豆を給食に取り入れた幼稚園のインフルエンザ発症率が下がったという報告もある。

 ただ、納豆菌は約2万種もあり、種類によって効果にも差がある。そんな折、“菌で納豆を選ぶ”ことを提唱しているのが、「おかめ納豆」で知られる業界最大手タカノフーズだ。これまでは何となくパッケージを見て選んでいたが、ヨーグルトの乳酸菌と同様、菌の種類がカギになるらしい。

「S―903納豆菌は通常の納豆菌以上に免疫力を高め、インフルエンザやノロウイルスへの予防効果も確認されています」(おかめ「納豆サイエンスラボ」事務局)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る