「定年」を最大のキッカケに…生命保険料見直しで22万円減

公開日: 更新日:

 88.7%――。生命保険文化センターがまとめた、最新の「生命保険に関する全国実態調査」(2018年度速報版)によると、9割近くの世帯が何らかの生命保険に加入しているという。1世帯当たりの年間払込保険料(医療保険含む)は平均38.2万円だから、毎月3万1800円余りをつぎ込んでいる計算だ。

 この生命保険保険料が家計を圧迫しているケースは珍しくない。年間約1000件を超える家計診断を行う家計再生コンサルタントの横山光昭氏が言う。

「家計相談にやってくる人の中で、保険の加入の仕方で合格点を与えられるのは10%程度。残りの90%はムダとは言いませんが、“いま自分に本当に必要な保険”が分かっていません。生命保険も医療保険もそう。大半の人が保険の見直しをする必要があると思います」

 見直し時期や内容は、年齢、年収、保障内容によってさまざまだが、長い人生の中で「定年」は間違いなくターニングポイントになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

もっと見る