三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

大御所の左翼作曲家に楯突いた僕が左翼に置かれるおかしさ

公開日: 更新日:

 その昔、音楽家の7割は左翼だった。僕は朝日新聞に嫌われていたけど、だからといって右翼でもないし読売新聞に可愛がられたわけでもない。いつの時代も中間というのは居づらいものだけど、気が付けば左がいなくなって、真ん中が左になった。それで僕も今は左翼じゃないかという位置に立っている。いつの時代も、戦争を知らない人たちが社会を牛耳ってくると、とんでもなく右翼チックになるものだ。

 随分前に、「反核音楽家の夕べ」で司会を任されたことがある。もう一人の司会は、音楽界の超大御所。この人は舞台で「アメリカの核は悪いけど、ソビエトの核は悪くない」と主張したんだ。「ソビエトの核は人民の核だからいいんだ」と。僕はそんなことはないと反論して言い合いになったんだけど、当時、日本の共産党員はみなそんな考えだった。

 その夜、新橋の居酒屋に連れていかれ、日本を代表する作曲家夫婦に正座をさせられて、コンコンと説教をされた。「キミは何も分かっとらんな」と罵倒され、それから僕は業界でつまはじきにされた。それまで作曲家としてはエリートの道を歩いてきたと思っていたが、どの世界にも権威があって、いろんなものを仕切っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る