永井紗耶子さん<5>理不尽に怒る新聞社の担当を鎮めた方法

公開日:

 フリーのライターとして企業を取材したことで作家の道が開けたが、順風満帆だったわけではない。当時はまだ、フリーランスを理解せず“下請け”のように扱う人もいた。

「ある新聞社の担当者には、出した記事に対し、電話で理由も告げずに『こんなんじゃだめだろう』と唐突に怒りをぶつけられました。『何がですか』と問い返すと、『何がですかじゃねえだろう』と、終始、上から目線の命令口調。私は“一緒に紙面を作る者”として話そうとしましたがまるで通じない。困り果てて電話を切りました。ただこのままでは仕事にならない。試しに声のトーンを変えてもう一度、『さきほどおっしゃっていたことですが、どうしたらいいですか。悩んでしまったので、教えていただければと思いまして』と穏やかに話をすると、『ん、だからね』って態度が急に変わった。このときの経験から、どんな相手でも伝え方ひとつで、争わなくても意見は伝わるし、仕事はできると学びました。無駄に戦うと疲弊するし、損をしますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る