永井紗耶子さん<3>IT社長の座談会当日「ライブドア事件」

公開日:

 産経新聞を退職後は、地元の横浜に戻ってフリーライターとして活動を始めながら、歴史を学べる佛教大学大学院に入学した。時代小説を書くためだった。

「高校はクリスチャンの学校だったので、仏教文化と歴史をちゃんと学びたいと思い、通信で修士論文を書きながら、働きました」

 さまざまな雑誌に営業をかけ、ライター業が少しずつ軌道に乗り始めてきた。

「自分が体を壊したことをきっかけに、健康に興味を持ち、日経BP社『日経ヘルス』に、自分の体を実験台にした企画を持ち込んだところ『面白いからやってみる?』と言っていただきました。それ以後、ヨガをはじめ、さまざまな企画に参加。健康のことは、知るほど奥深く、学ぶことが多かったです」

 ほぼ時を同じくして、「VOGUE」にいた大学の先輩から、同じコンデナスト・ジャパンで立ち上げたばかりの雑誌「GQジャパン」(2003年4月創刊)で政治経済についての取材をしてみないかと、声をかけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る