永井紗耶子さん<3>IT社長の座談会当日「ライブドア事件」

公開日: 更新日:

 産経新聞を退職後は、地元の横浜に戻ってフリーライターとして活動を始めながら、歴史を学べる佛教大学大学院に入学した。時代小説を書くためだった。

「高校はクリスチャンの学校だったので、仏教文化と歴史をちゃんと学びたいと思い、通信で修士論文を書きながら、働きました」

 さまざまな雑誌に営業をかけ、ライター業が少しずつ軌道に乗り始めてきた。

「自分が体を壊したことをきっかけに、健康に興味を持ち、日経BP社『日経ヘルス』に、自分の体を実験台にした企画を持ち込んだところ『面白いからやってみる?』と言っていただきました。それ以後、ヨガをはじめ、さまざまな企画に参加。健康のことは、知るほど奥深く、学ぶことが多かったです」

 ほぼ時を同じくして、「VOGUE」にいた大学の先輩から、同じコンデナスト・ジャパンで立ち上げたばかりの雑誌「GQジャパン」(2003年4月創刊)で政治経済についての取材をしてみないかと、声をかけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る