発売30周年の大関「辛丹波」 食マッチで売り上げ20%増

公開日: 更新日:

 今年発売30周年を迎えた、大関の本醸造酒「辛丹波(からたんば)」が好調だ。冷でも燗(かん)でも、飲む温度帯によって味わいの違いを楽しめる懐の深さでファンを増やしながら、近年は「食マッチ」提案なども積極的に展開。2017年度は数量ベースで前年比20%増となり、今期も同様のペースで推移している。

「飲み飽きしない小味の利いた酒」をコンセプトに掲げる、淡麗辛口の本醸造酒「上撰 辛丹波」は1988年、地元・兵庫県産の酒米「山田錦」を主とし、銘酒の造り手として名高い“丹波杜氏(とじ)伝承の技”により誕生した。

「当時は新潟をはじめ各地の地酒が売れていた頃。大関としても、造り手と直結した“顔が見える”商品をと考えていた。300年以上にわたる大関の酒造りは多くの丹波杜氏と蔵人に支えられてきた。その歴史の中で、特に大きくあったのが名杜氏の存在。辛丹波は『その功績へ感謝を込めた酒を造りたい』という熱い思いから、ふるさと丹波をイメージさせる酒として開発された」(宣伝・広告グループの小寺健司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る