「明治ザ・チョコレート」16年のリニューアルで大ブレーク

公開日: 更新日:

 大人の嗜好(しこう)品をテーマに掲げる明治のスペシャリティーチョコレート「明治ザ・チョコレート」が売れている。2016年9月の発売から約1年半で5000万個を突破。この秋も新商品を投入するなど、勢いは加速中だ。

 一番の特徴は同社自ら生産に携わった6カ国のカカオ豆を使い、それぞれの風味と特性を生かした味わいに仕上げていること。

 つまり「ビーン・トゥ・バー」で、その数は現在8種類。たとえばビター系の主力「コンフォートビター」は、“力強いカカオ感とナッツのようなうま味のある香ばしさを持つベネズエラ産カカオ豆”を中心にカカオ70%で、高温深煎りローストで“心地良い苦味と奥深い味わい”を引き出している。

「チョコレートの品質の5割から7割は、カカオ豆が決めるといわれている。明治は06年から世界各地のカカオ農家支援(メイジ・カカオ・サポート)を行ってきた。『明治ザ・チョコレート』は、この取り組みが成果を上げたことにより実現したチョコレートで、絶対的な自信を持っている」(菓子商品開発部専任課長の山下舞子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る