発売は1970年 丸美屋「とり釜めしの素」が選ばれる理由

公開日:

 いまが需要期のメニュー用調味料といえば、炊き込みご飯の素。1970年に「とり釜めしの素」を発売以来、圧倒的な強さで市場をリードする、丸美屋食品工業の「釜めしの素」シリーズに注目したい。

 といだ米にまぜて炊くだけの、簡単・便利な「丸美屋とり釜めしの素」は、日本に釜めしの素を広めた立役者で、いまもトップを走るロングセラー商品。競合ひしめく中で選ばれている理由は、本格的なおいしさだ。

「大釜でじっくり煮込む『煮込み製法』と、素材の風味を生かした『低温殺菌製法』で、鶏肉の旨味たっぷりの味わい具材を実現。さらには具材サイズもポイントで、それぞれ最適な食感が楽しめるよう、大きめにカットしている」(マーケティング部和風即席・米飯チームの金沢恵氏)

 煮込み製法で仕上げた具材は調味液がほとんどない。それだけ煮詰めているということで、旨味が詰まった具材は炊飯時の水を吸収して本来の大きさに戻るため、炊き上がりは思った以上にボリュームがある。つまりパッケージはスリムだが、じつは具だくさん。これも人気の理由といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る