副業解禁が追い風に…ビジネスマッチングサービスって何?

公開日: 更新日:

副業元年」といわれた2018年。今年1月に厚労省が「モデル就業規則」を改定し、副業が“原則禁止”から“原則容認”になった。副業解禁を追い風に、「ビジネスマッチングサービス」が注目を集めている。

 スキルや人脈の紹介などを通じてビジネスチャンスを生み出すサービスのことで、たとえば、自分の仕事の知識や経験を生かし、1時間からピンポイントで相談に乗るスポットコンサルサービス「ビザスク」では、1時間当たり1万円程度の報酬になるのだとか。

 スキルや知識、つまりそれぞれの得意なことを“売り買い”するフリーマーケット「ココナラ」も盛況のようだ。

 昨年6月にリリースされた「Saleshub(セールスハブ)」は、企業に顧客を紹介するとお祝い金がもらえるサービス。ひとつの商談アポをセッティングするだけで、1万円以上の謝礼がもらえる。紹介後に商談が成立しなくてもお祝い金は支払われるが、成立した場合、追加で高額の謝礼を設定していることも多い。企業側は、新規開拓営業が効率化され、両者にとって好都合というわけだ。すでに登録企業数1300社を超え、「サポーター」と呼ばれる紹介者が1万人以上も活躍している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る