3割が空き家に 東京港区が暗示する修繕・建て替えの不安

公開日:

 ペットと一緒に多世代が暮らすシェアハウスにリフォームしたり、農地とセットで売却したり……。全国で約820万戸に上る空き家を活用しようと、企業や行政が知恵を絞っている。これは2018年現在の話だ。

 スズキさん(50)が定年を迎える15年後、2033年は、空き家問題がもっと深刻になる。空き家問題は、朽ち果てて倒れそうな一戸建てをどうするかがテーマだが、15年後はマンションの空き家をどうするかが焦点になる。タブレットでニュース記事を見ていたスズキさんはため息をついた。

「新築で買って34年。ウチのマンションも、結構空いてるしなぁ。これ以上、空き家が増えてスラム化するのはマズイ。建物そのものは大規模修繕でしのぐとしても、万が一、建て替えとなったら、その費用は負担できないぞ」――。

 マンションの大規模修繕は、12年周期が目安。外壁がタイル張りのマンションは、築10年を超えると3年以内に外壁の全面打診調査を行う必要がある、と建築基準法で定められているためだ。築34年のマンションだと、そろそろ3度目の工事が管理組合で議題になるころか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る