柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

67万円得する私立中学も…「英検」合格こそ節約への近道

公開日: 更新日:

 合格しやすい4級、5級の英検に挑戦することが教育費を浮かす秘訣かもしれません。

 また実践女子中学(東京都渋谷区)は2年生までに2級合格すると語学研修用として20万円給付しています。山梨英和(山梨県甲府市)は英検3級合格者に受験料(1万5000円)を免除しています。その他、入学試験の点数を加点したり、試験そのものを免除するなど、英検合格者を手厚く対応する学校は増えています。

 特待生として、サッカーや音楽の分野もありますが、コンクールや大会で優れた成績が必要です。そのためには、部活動など多くの時間と費用をかけなければならないのです。

 その点、英語は自宅学習も可能です。パソコンを使って過去の問題をプリントアウトすれば、問題集さえ買わなくて済みます。それほど元手はかかりません。

 神戸山手女子中学(兵庫県神戸市)は英検3級以上の取得者に学習支援金51・6万円を給付。高校でも、札幌山の手(北海道札幌市)は英語検定奨学生制度として英検3級合格者に入学金の一部(7万円給付)、準2級は15万円を給付しています。

 英検に合格すれば親の苦労は報われ、子供は自信がつきます。英語は家計を助ける――です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る