赤提灯OLがお勧め 父娘の居酒屋デートにピッタリの5軒

公開日: 更新日:

今週の執事=松岡摩希子さん(赤提灯OL)

 20代前半のころ、会社の上司に連れていってもらったのが、渋谷の「富士屋本店」だったという松岡さん。すっかり赤提灯にハマり、居酒屋を飲み歩いている。“パートナー”は父親だ。

「立ち飲み屋でカウンターだけのおじさんばかりの店で、カルチャーショックを受けて通うようになったんです。ただ、同世代の友人は、オシャレな店が好きな子も多くて誘いづらい。それで実家の名古屋からたびたび仕事で東京に来ていた酒好きの父(71)を誘ってみました。それから2人で定期的に居酒屋めぐりをしています」

 赤提灯は、始まりが早い。まだ昼下がりの15時とか、遅くとも17時には開く。

「3軒ハシゴしても、22時には解散です。1回3~4軒は行きますね。和歌山の本社にいる社長や社員が出張のときも案内してハシゴします。取り分け皿もなくて、一緒につつくので仲も深まるし、単価が安いので遠慮なく好きなものを食べられるのもいい。『面白い店見つけたよ。行ったことないと思う』と誘えば娘さんも喜びますよ」

 今回は、父娘で盛り上がる「赤提灯5店舗」を紹介してもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る