“チーズマン”清水啓介さんがオススメ 日本人好みの絶品6種

公開日:

 チーズの魅力を普及し、業界を盛り上げるチーズプロフェッショナル協会の“チーズマン”こと清水啓介さんは、もともとはパンマニアだったという。

「12、13年前に本場フランスで、彼らがどうやってパンを食べているかをこの目で確かめたいと思い、仕事を辞めて単身で半年過ごしました。カルチャーショックを受けたのはチーズの奥深さ。それで、チーズマニアに転身したんです」

 帰国後に、チーズプロフェッショナルの資格を取得し、ワインスクールでチーズの講師を務め、同協会にも所属した。

「“チーズマン”の仕事は副業です。趣味の延長ですね。イベントやテレビの取材などで盛り上げる役目をしています」

 そんな執事に、おすすめのチーズ6種類を教えてもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る