コールセンター営業の主力に シニア活用で職場が活気づく

公開日: 更新日:

 人生100年時代が迫っている。安倍政権は、“超長生き時代”を先取りして高年齢者雇用安定法を改正し、定年を65歳から70歳に引き上げようとしている。定年の引き上げに躍起なのは、年金財政が逼迫(ひっぱく)しているためだろうが、安倍政権の狙いはともかく、年を重ねても働き続けるライフスタイルは確実に浸透している。

 人材会社エン・ジャパンの調査によると、35歳以上の83%は、「定期収入を得られる期間が延びる」(71%)、「社会参加を継続できる」(57%)、「仕事のやりがいが生きがいにつながる」(46%)といった理由から、定年延長に「賛成」だという。

「年金が減額される可能性がある」(44%)、「長年働き続ける将来を考えると、気分が落ち込む」(18%)などの不安を口にする人もいたが、かき消された格好だ。

 ひたひたと進む高齢者の雇用延長だが、現実は厳しい。深夜や早朝の警備員や清掃などのきつい職場が多いという。培ってきたシニアのキャリアが必ずしも生かされていない。そんな中、注目なのが、保険の比較や見直しなどを手掛ける「ファイナンシャル・エージェンシー」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る