身に付けたキャリアを生かす 経歴別「仕事の探し方」

公開日: 更新日:

 政府は、年金の受給開始年齢を70歳以上に引き上げる方向で進めている。勤務先を定年延長して65歳までいたとしても老後の生活を考えれば、転職活動が必要になる。経理、営業、総務、人事など、これまで身に付けたキャリアを生かす仕事はどこで見つければいいのだろうか。

 70歳を越えて現役で働く人事コンサルタントの菅野宏三氏(76)は、「50代半ばから再就職の道を探し始めた」と振り返る。手始めに、趣味の植木職人の資格を通信講座で取得してみたという。

「ハローワークなどを通じて、庭園剪定の見学会にも参加しました。盆栽士や庭園デザイナーなどの資格を取っておくと、趣味と実益を兼ねた再就職ができると思ったから。結局は、人材紹介会社の経験を生かした仕事に就きましたが、新しい仕事を考えているなら、向き不向きを知るためにも、10年間ぐらいは準備期間が必要。55歳から始めるのがベストです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る