裁判傍聴、ボートレース、ボラバイト…趣味で生きがい発見

公開日: 更新日:

 ソニー生命の「シニアの生活意識調査2018」(50~79歳)によると、シニア層の趣味の上位は「旅行」「テレビ/ドラマ」「グルメ」。生きがいづくりに不安を持っているシニアは多いが、お手軽な趣味を持つことも解決策のひとつだ。

 常盤貴子(46)の主演ドラマ「グッドワイフ」(TBS系)が好評だ。ドラマで弁護士役を演じる常盤がプライベートで趣味にしているのが「裁判傍聴」。役作りのために裁判所見学をしているのかと思いきや、ずっと以前から傍聴マニアの間で常盤の存在は有名だったという。

「裁判傍聴のいいところは、お金もかけずに“人間ドラマ”を見せてもらえるところにあります。私が傍聴を始めた20年ほど前、『霞ケ関倶楽部』という裁判傍聴を趣味とする60~70代のおじいちゃん集団がいました。仕事をリタイアし、やることがないから通っているということもあったでしょうが、裁判を見学することで、見えなかった真実が、見えてくることもあります。報道で伝えられているのはごく一部で、真実とは違うことも多いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る