マンション購入は2月が狙い目 値引き交渉のコツも識者指南

公開日: 更新日:

「マンション購入を考えている人はこの2月が絶好のチャンスです」

 こう断言するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。

「3月に多くの大手ディベロッパーが決算期を迎えます。それまでに引き渡しを終えて売り上げを増やすために、完成在庫を処分したがる時期なのです」

 新築から1年以上が経過したマンションは“新古”として扱われる。売れ残った物件は、不動産会社も在庫として持て余している。

「5%の値引き交渉は当たり前として、企業によっては10%以上の値引きに応じるところもあります。値引き交渉は恥ずかしがらず堂々と自分の意思を伝えるのがポイントです。例えば5000万円のマンションなら、『予算は4200万円しかありません。ただ、どうしてもこの物件を購入したいので、800万円値引きしてくれませんか?』などと具体的な金額を営業マンに提示しましょう。もし担当の営業マンが500万円までしか値引きの“枠”を持っていないとしても、販売会社が在庫処分を急いでいたら、上司の決裁で“枠”以上の値引きも期待できます。狙い目は大規模で売れ残りが多いマンション。住宅情報サイトなどで分譲戸数などを調べてみるといいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る