柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年、横浜市生まれ。生活経済ジャーナリスト。嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員。豪州ポンド大学院経営学修士(MBA)取得後、桜美林大学大学院博士課程修了。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)、「中国13億人にいま何を売るか」(青春出版社)など多数。

「低価格の家庭教師」を上手に選んで受験を突破するコツ

公開日: 更新日:

 家庭教師代は、私立小中高で平均すると月3万円で、塾の数分の1です。ただ、教育費は収入の1割を超えるとイエローカードです。

 家庭教師は、病気、不登校、仕事で帰宅の遅い家には便利です。私の周りでも、急に受験を決め、家庭教師に数カ月だけ依頼し、見事、国立大学に合格しました。ただ、ひと言で家庭教師といっても、トライ、学研、学参、市進教育、KATEKYO、合格王、名門会、ドクター、サクシード、ノーバス、四谷進学会など100社以上あり、先生と相性が悪いと無駄な出費になります。

 1時間当たり1500円から3000円が相場ですが、受験用に特化した東大卒の先生などを選ぶと8000円まで跳ね上がります。

 例えば、偏差値20アップを目指す中学受験ドクターは、入学金2万円に、1時間当たり4800円から8200円、サクシードは2800円から3400円です。ですが、多くの場合、週1回、2時間コースというような契約になるので、より専門の先生を選ぶと月6万円以上になり、先生の交通費もかかります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る