宅トレ挑戦<6>少し太ったら あえて露出多めの服着て戒める

公開日: 更新日:

 愛や義理のためではなく、今や自分のためのイベントとなったバレンタイン。今年もあれこれ買い込んでしまった。またダイエットから遠くなりそうだ。

 そんな日刊ゲンダイ記者に、美コアインストラクターの名越聖子さんは、「少し太ったなと思ったなら、私はあえて露出多めの服を着ます」。普段の服ではなく、トレーニングウエアで、だそうだが、露出によって、「緩んでいると思われないかな」と周囲の視線が気になり、「早く元に戻さなきゃ」と気合が入るのだそうだ。さすが、意識が違う。

 余分なぜい肉など一切見当たらない名越さんから、今回は背中と腰回りをすっきりさせるトレーニングを教わった。

(1)うつぶせになり、脚を腰幅に広げる。この時、かかとは内側に入れ、お尻をキュッと締めることを意識。

(2)手は耳の横に置き、肩甲骨をギュッと寄せる。お腹と背中をグッとくっつけるつもりでへこませる。肩は下げ、首を長く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る