佐川洋一
著者のコラム一覧
佐川洋一税理士・元国税調査官

税理士(元国税調査官)。財務省主税局及び国税庁勤務のほか、税務署調査筆頭部門統括国税調査官を歴任。二十数年在勤した後に退官し、現在は東京や関東圏の法人経営者や個人事業主向けに税務調査の立ち会い・相談に特化した税理士事務所(東京・渋谷区)を運営。(https://www.zeimutyousa.jp/)

売上990万円問題 2年前1000万円超で消費税の申告義務アリ

公開日: 更新日:

 税務調査専門の税理士として相談を受けていると、法人や個人事業主としての売上高が毎年990万円前後のケースが度々、見受けられます。もちろん、たまたまそうなったのでしょう。しかし、元国税調査官の視点で見ると、「ぜひ税務調査に来てください」と言わんばかりの申告書に見えてしまいます。

 どういうことか。知っている人は多いと思いますが、法人経営者または個人事業主で2年前の売上高が1000万円を超えている場合、消費税の課税事業者に該当します。つまり、法人税や所得税とは別に消費税についても申告する必要があるのです。そして今年の売上高が1000万円以内だったとしても、2年前の売上高が1000万円を超えていれば消費税の申告義務があるのです。

 税務調査官は、法人であれば法人税、個人事業主であれば所得税をメインに税務調査を実施します。そして最近は潜在的な消費税課税事業者を把握することが重要視されていて、消費税についても相当、念入りに調べることが多くなりました。前出の「売上高990万円」のケースで言うと、調査官は「本当は1000万円を超えているのではないか」との観点で税務調査を行うのです。

 法人税や所得税とは異なり、消費税は消費者から預かっている税金(預かり金)なので、税務調査官としても厳しく納税義務の有無についてチェックするわけです。税務調査で消費税の申告義務を指摘されると、追徴本税額とは別に原則15%の無申告加算税が賦課されるので要注意です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る