同じTVで7500円差も…価格比較サイトを正しく使いこなす技

公開日: 更新日:

 今やネットショッピングに欠かせないのが、価格比較サイトだ。家電やパソコンなどから自動車、バイク、ホテルや航空チケット、旅行、不動産、葬儀など、身の回りでお金が絡む事柄の多くで価格比較ができる。

 価格比較サイトを活用すれば、比較対象のショップの中から、一番安い価格を提示しているショップでお得に買える。しかし、ちょっとしたテクニックで、より安くお得に買うことができる。

 例えば家電。大手家電量販店の関係者が言う。

「価格比較サイトといっても千差万別です。例えば楽天市場やAmazon、Yahoo!など、ネット通販大手に限定した価格比較サイトもあれば、中小家電販売店などが独自にネット上にショップを構えている販売サイトも含めて価格比較しているサイトもあります。最大の違いは、表示されている価格です。ネット通販大手限定の価格比較サイトは、価格が高めなのに対して、中小家電販売のネットショップも含めた価格比較サイトは、同じ商品の価格が安くなる傾向があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  9. 9

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る