田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

静かに巨樹と向き合えば自分自身の小さな悩みなど吹っ飛ぶ

公開日: 更新日:

 東京都奥多摩町が「巨樹日本一の町」であることをご存じだろうか。

 環境省が定めた巨樹の定義は、地表1・3メートルの高さの幹回りが3メートル以上としている。全国に約6万8000本が発見されているが、そのうち1000本以上が奥多摩町にあるのだ。

 探す人が多いからたくさん発見された側面もあるが、結構な数だ。そんな巨樹たちに出合う森歩きをしてみよう。

 私も、奥多摩で「倉沢のヒノキ」を訪れたことがある。日原街道から少し急峻な尾根を登ると、15分ぐらいで着く。狭い尾根に幹が壁のように立っていた。樹高34メートル、幹回り6・3メートルだ。幹の上部は9本に分岐しており、周囲を威圧する。推定樹齢は約600年。戦前は「日本一のヒノキ」と認定されていた。今も都指定の天然記念物である。幹の表面は苔むしていて、これまで生きてきた歳月を感じさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る